読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビや雑誌で紹介された面白そうな情報や商品のまとめ!!

テレビや雑誌で話題の情報や商品で気になったものをまとめます。テレビで見て気になったけど、なんだっけ??っていうことありますよね。。このブログで見つかるかもしれません。

グーグル本社も導入!脳の疲れを取り集中力や記憶力を高める脳トレ「マインドフルネス」

テレビ番組健康カプセル!ゲンキの時間や世界一受けたい授業で紹介されました。

実は現代人の疲れは脳から来ている!アメリカのグーグル本社も導入している疲れない脳を作るための方法マインドフルネス !

その驚きの効果とやり方です。

 

マインドフルネスについて推奨しているのは

ハーバード大学で学んだ新気鋭の予防医学者の石川善樹さん。

 

現代人は集中力が落ちているそうで、

なんと現代人の集中力はたったの8秒しか続かないというのです。

 

一方で金魚の集中力が9秒と言われているので

現代人は金魚以下なのです!!!

 

金魚よりも続かないという現代人の集中力・・・・・

 

ちゃんと寝ていても疲れがとれない。

些細なことでイライラする

仕事中にボ〜〜ッとする

 

実はこれらの原因は全て脳の疲れにあるのです。

 

ではどうすればいいのか??

 

実は疲れない脳の作り方があるのです。

 

それが今世界的に注目されているマインドフルネス!

 

マインドフルネスとは??

 

石川先生によると

マインドフルネスとは脳の疲れをリセットして

集中力や記憶力を高める新世代の脳トレーニングの方法なのです。

 

アメリカのグーグル本社で2007年に導入されたことで

世界的に注目を浴びているのです。

 

その効果は科学的に実証され、

今やフェースブック、ヤフー、インテルなどなどの

様々な企業で取り入れられているのです。

 

世界ランク1位のプロテニス選手のジェコビッチも

マインドフルネスを行っており

肉体トレーニングと同じくらい重要だと語っているほどなのです。

 

日本の企業DeNAでも

健康プロジェクトの一環として

マインドフルネスを導入しているのです。

 

実際にマインドフルネスを行っている社員の方によると

「脳が一瞬にしてリフレッシュされるのでかなり良い気分転換になる」

「失敗した時にうじうじ悩むことがあるんですけれどもマインドフルネスの思考を持つことで切り替えて次の仕事に集中できる」

 

マインドフルネスのやり方は??

 

①姿勢を整えます。

椅子に浅く座りヘソの下に力を入れて肩をグ〜っと上げてストンと落とします。

目は閉じてても開けててもOK。

これで姿勢が整います。

 

②息を整える

3秒かけて鼻から息を吸い、2秒止めて、5秒かけて鼻から吐きます。

息を吐く時間を長くすることで心身をリラックスさせます。

 

③心を整える

まずは呼吸に意識を集中して

その後集中が途切れ他のことを考えてしまうことに気づいて

呼吸を意識に戻すようにします。

 

このトレーニングを繰り返すことで

集中状態になりやすくなります。

 

マインドフルネスの詳細はこちらから↓↓↓↓↓

世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる

 

疲れない脳をつくる生活習慣―働く人のためのマインドフルネス講座

 

~1日10分で自分を浄化する方法~マインドフルネス瞑想入門

 

実践! マインドフルネス―今この瞬間に気づき青空を感じるレッスン[注意訓練CD付]