読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビや雑誌で紹介された面白そうな情報や商品のまとめ!!

テレビや雑誌で話題の情報や商品で気になったものをまとめます。テレビで見て気になったけど、なんだっけ??っていうことありますよね。。このブログで見つかるかもしれません。

自律神経を整えるための具体的なトレーニング方法「日めくり瞑想31」番組世界一受けたい授業で紹介

テレビ番組世界一受けたい授業で、TV初公開最新の自律神経の整え方として紹介されました。あなたのイライラや落ち込みを解消してくれる日めくりカレンダー??見るだけで自律神経が整う簡単瞑想トレーニングです。

 

教えてくれたのが小林弘幸先生。

 

仕事や友人関係でなぜかイライラしてしまう・・・・

落ち込みが人より激しいのではないか・・・・

 

そんなこと思ってしまうことってありますよね。

そのイライラや落ち込みは単に環境のせいだけではないのです。

その原因は自律神経そのものかもしれないのです。

 

そんな自律神経のスペシャリストの小林先生が教えてくれるのが

見るだけで自律神経を整える方法です。

 

具体的な方法は

 

姿勢

 

まず椅子に腰掛けて背筋をピンっと伸ばします。

肩の力を抜いて手は膝の上に!

両足をしっかりと床につけます。

 

呼吸を整える

 

5秒かけて鼻からゆっくり吸って

10秒かけて口からゆっくり吐きます。

これを5回繰り返します。

 

ここから自律神経を整える瞑想トレーニングに入ります。

使うのは小林先生のつくったカレンダーです。

↓↓↓↓↓

見るだけで自律神経が整う「日めくり瞑想31」 (小林弘幸のDr.健康シリーズ)

 

カレンダーをめくると

写真と3つのキーワードがセットになっています。

写真とキーワードを組み合わせて

想像でドラマのストーリーを作るのです。

 

例えば

冒険、発見、ときめきの3つキーワードを使って作ると

 

「森に冒険に出たらうさぎを発見

一緒に穴に落ちるとときめくような魔法の国についてしまった!!」

 

このように写真を見ながらストーリーを考えると

脳を使うのでいったん交感神経が高まります。

 

ここからゆっくり目を閉じて

先ほど考えたストーリーを頭の中で再生します。

穏やかな気持ちでおよそ30秒瞑想します。

 

すると

副交感神経が高まり落ち着いた気持ちになるのです。

 

このトレーニングを繰り返すことによって

自律神経のバランスが整えられるのです。

 

日めくりカレンダーには31日分31枚の写真があります。

写真には共通点があり

どこかに必ず人が写っています。

 

人が一人いるということで

自分がこの人物に置き換えやすいのです。

そうすることによって

ストーリーを作りやすいのです。

 

リラックスする副交感神経をあげているので

ちょっと眠くなった方が効果的なのです。

 

小林先生の話を聞いていると

小学校のころに好きなアニメや漫画の主人公を自分に置き換えて

ストーリーを作って眠っていたことを思い出しました。

これって実は自律神経を整えるのにすごく良かったのではないか

って少し思いました。

 

自律神経を整える方法をもっと具体的に知りたいかたはこちらから↓↓↓↓↓

見るだけで自律神経が整う「日めくり瞑想31」 (小林弘幸のDr.健康シリーズ)