読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビや雑誌で紹介された面白そうな情報や商品のまとめ!!

テレビや雑誌で話題の情報や商品で気になったものをまとめます。テレビで見て気になったけど、なんだっけ??っていうことありますよね。。このブログで見つかるかもしれません。

林先生が教える難関大学に入るための幼少期の教育の大切さ!番組林先生が驚く初耳学で紹介

テレビ番組林先生が驚く初耳学で、林先生のキレイごとゼロ!の勉強法として紹介されました。子供を難関大学に入れるには何歳が分岐点なのか?林先生が教える小さい時の教育方法です。

 

 

東京大学や京都大学に入るためには

本人の努力次第だから何歳からでもOK。

 

しかし!!!!!!

 

林先生がおっしゃるには

ある時期までに基礎をつくっておくと

大学受験が非常に楽になるのです。

 

いわゆる日本の良い大学に入りやすい頭は

5、6歳までに基礎を作っておくのが良いのです。

 

アメリカでのデータでも

教育投資の効果、

つまりお金をかけた分ちゃんと返ってくるのが高いのは

子供が小さい時!!

 

予備校の教師を林先生ですが、

中学校、高校になってから塾とか予備校とか行かせるのは

効率で言ったら、

小さい時に鍛えてあげた方が圧倒的にリターンが大きいと!!!

 

では5歳までに基礎と言っても

何をすればいいのか??

 

林先生の答えは、

たくさんおしゃべりをすること!!

 

ただ、親がしゃべるのではなく、

子供が喋る機会をたくさん作る。

発語が大事なのです。

 

5歳までにやるべきことは

  • 言葉を話す
  • 頭で考える
  • パズル
  • 読み書き
  • 自然に触れる

 

これが大切なのです。

 

習い事や教材での勉強も効果があるかもしれませんが、

もっともっと基本的なたくさん話をする、本を読む

と言ったことの方が大事なのです。

 

3歳、5歳くらいの時は人間の脳はすごいスピードで発達するのです。

そこで良い刺激を与えてあげるのが後から楽になるのです。

 

林先生の東大を目指している生徒も

一番勉強したのは、中学受験って答えが多いのです。

 

幼い頃に基礎を作って

中学受験をした人は東大には多いのです。

 

中学受験をしっかりやった子は

「あとはそんなにやらなくても、楽に東大受かりましたね。」

って子が多いのです。

 

結論としては

両親が東大などの難関校に子供を入学させたいのなら

5歳までの教育がカギになってくるようですね。

 

5歳までの教育方法に関して

ハーバード大学や、スタンフォード大学に子供を入れた

親の教育方法に関する面白い記事はこちらから↓↓↓↓↓

 

tv-trend.hatenablog.jp