読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビや雑誌で紹介された面白そうな情報や商品のまとめ!!

テレビや雑誌で話題の情報や商品で気になったものをまとめます。テレビで見て気になったけど、なんだっけ??っていうことありますよね。。このブログで見つかるかもしれません。

大腸炎や大腸ガンの予防のために腸内フローラの構成を変える方法!!

前回のブログでは
腸内フローラとは何か??
という事を説明しました。

tv-trend.hatenablog.jp


では
大腸炎や大腸ガンの予防のために腸内フローラの構成を変える方法とは??


まず考えないといけないのは日常的な生活
食べ物 運動 ストレス
この条件をいかにコントロールするかで腸内菌のパターンは変わってきます。


この3つの中でも一番決定的なのは
食べ物!!!


では
腸内フローラを改善する食材は??


ポイントは3つ

  • 1つ目は食物繊維

食物繊維は腸内の善玉菌を増やす元。
野菜や海藻類に豊富に含まれる食物繊維は善玉菌のエサとなり腸内の善玉菌を増やす。

  • 2つ目は発酵食品

直接に有用微生物を取り込むことができますから
それらの菌が大腸内でお助けマンとして、元々いるビフィズス菌を増やします。
納豆や味噌漬物やチーズなどの発酵食品は腸内に元々棲む善玉菌を活性化すします。

  • 3つ目はオリゴ糖

ビフィズス菌というのはお砂糖が必要です。
しかし、糖はブドウ糖だったりするのですが
ほとんど小腸で吸収されてしまって大腸に達しません

しかし
オリゴ糖は小腸で吸収されません。
大腸に達する事ができて腸内のビフィズス菌に直球効果!!
ビフィズス菌を増やしたければオリゴ糖を利用することが大事です。
大豆やバナナ玉ねぎなどに多く含まれるオリゴ糖は
小腸であまり吸収されず大腸まで達してビフィズス菌のエサになります。


フローラというのはお花畑という意味。
腸に棲む色んな細菌の群集を総称して腸内フローラと言います。
腸内にはいろいろな微生物がいます。その種類1000種類以上!!


また大腸にいる腸内細菌の重さは1.5Kgもあります。


人が老化してくると
善玉菌1割 悪玉菌2割 日和見菌7割
になるバランス崩れます。
理想は善玉菌2割 悪玉菌1割 日和見菌7割。


ちなみに、どの菌もゼロに近づくということは不可能です。
腸の中も若干悪玉いないとうまくいかないので
バランスが大事!!。


悪玉菌の機能を抑制し、
善玉菌の機能を発揮させ
悪玉菌の機能を落とすことが大事。


腸内フローラを良い方に改善すると


免疫力アップ
病気予防
肥満防止
美肌効果

では腸内フローラの改善に
最も必要とされる
オリゴ糖を効率的に摂取するにはどうすればいいのか??

良い腸内フローラに欠かせない成分を簡単に取れます。↓↓↓↓↓



つづき↓↓↓tv-trend.hatenablog.jp